元カレ 誕生日 メール 送らない

復縁マニュアル辛口レビューブログ アグノス

スポンサードリンク

元カレの誕生日にはメールを送らない方が良いのか?

 


参考になったらクリックしてね

メール

こんにちわ、アグノスのじゅんぼーです。

 

1年に1回のビックイベントといえば、元カレの誕生日。

元カレには誕生日メールを送らないほうがいいのでしょうか?

 

誕生日のメールをキッカケに、メールの返事が来るようになったり、
話が弾んでカレに会うことができたり・・・
うまくいけば、カレの誕生日は絶好のチャンスになります。

 

しかし、あなたが元カレにメールを送っても、返事がもらえない状況なら、
 メールを送ったら迷惑じゃないのかな?
 何もしないのは、冷たいと思われそう・・・
と、リスクばかり考えていませんか?

 

今日は、元カレの誕生日にメールを送らないほうがいいのか、
誕生日メールを送るとしたら、どんな内容がいいのかお伝えします。

 

 

 

元カレには誕生日メールを送らない?

 

 

元カレの誕生日にメールを送ってもOKです。

たとえ冷却期間中でも、誕生日メールを送ってOK

 

 

ただし、あなたがカレと別れた直後なら、誕生日にメールを送ることは控えるべきです。

というのも、別れた直後はお互いのために、少し距離をとって

冷静になる時間を設けたほうがいいからです。

>>別れた後の男の気持ちを知ってNG行動を避ける

 

 

あなたが元カレにお誕生日メールを送ることで、

「まだ俺につきまとうのか」と嫌悪感が増してしまう可能性があるからです。

特に、あなたが色々揉めて別れた場合は、元カレの誕生日には何もせず、

クリスマスとか正月にメールを送ったほうが無難です。

 

 

 

どのような誕生日メールを送ればいいのか?

 

 

男でも、誕生日を祝ってもらうのは嬉しいものです。

 

別れてしばらくたった後、元カノからメールがきたら、

「最近どうしてるのかな?」

「新しい彼氏はできたのかな?」

「近況報告くらいならしてみたいな」

と、あなたに興味を持つでしょう。

 

 

男は、別れたとしても「俺の女」だと思っています。

別れてしばらく経てば、あなたがどうしているのか多少は気になります。

 

 

ですから、元カレの誕生日にメールを送る時は、短く明るい感じのメールにしましょう。

 

 

「誕生日おめでとう!」とか、

LINEなら面白いスタンプを見つけたから送ってみたというスタンスです。

 

 

友だちに送るような軽いテンションやノリだと、カレも素直にあなたのメールを受け取ることができます。

「会いたい」、「寂しい」、「去年の今頃は・・・」という暗い感じのメールはNGです。

反省などお付き合いしていた時の話や、カレを責めるような内容は絶対NGです。

 

 

カレの返事は求めない

 

カレから返事がこなくても、ガッカリする必要は全くありません。

 

 

返事はなくても、あなたからのお誕生日メールがきて、カレは嬉しく思っています。

ですので、「おめでとう」という気持ちを伝えるのが目的だと割り切ってしまいましょう。

「誕生日を祝ってもらえた」という印象が残るくらいがちょうど良いです。

 

 

 

誕生日をキッカケに一歩前進

 

NGなメールさえ送らなければ、誕生日メールをキッカケに、

今の状況から一歩前進することができます。

 

カレからメールの返事がもらえるようになる

 

誕生日がきっかけで、メールのやり取りが再開することがあります。

 

 

元カレも、あなたのメールに返信していなかったことを気にしていた可能性があります。

あなたから来た誕生日メールを見て、返事をするのも不思議ではありません。

 

 

男は、別れてからしばらくすると、元カノとの思い出が良い思い出に変わります。

付き合っていたことを懐かしく思い、元カノのことを「いい女だったな」と感じるようになります。

そんな時期に、あなたから誕生日を祝ってくれるメールが来たら嬉しいんです。

元カノへの懐かしさから、ちょっと話してみたいなと思うのが男です。

 

もし、普段からカレとメールのやり取りができる状況なら、

元カレへの誕生日メールをキッカケにして、会えるようになることもあります。

 

 

カレと会えるようになる

 

カレと連絡を取り合える仲まで関係が改善していれば、

カレの誕生日をキッカケに、二人で会うチャンスに変えることができます。

 

 

誘って断られたらどうしようとか、不安になってリスクを回避したくなるかもしれません。

しかし、思い切って誘ってみる勇気も必要です。

 

 

カレの誕生日だけでなく、クリスマスやお正月も、

それをキッカケに「時々は会える仲」まで関係を進めるチャンスになります。

何もない普段の日に比べれば、誕生日やクリスマスを口実にカレを誘いやすい状況だからです。

 

 

こういったイベントは、復縁のステップを進めるキッカケに利用しましょう。

 

 

どんな感じで誘えばいいのか?

 

カレを誘う時は、気軽な感じで明るく誘いましょう

ビクビクしていたり、重々しい雰囲気では、カレもYESと言いづらいです。

重く感じて、「会ってもつまらなそうだな」と、あなたの誘いを断るでしょう。

 

 

会ってくれればラッキー、断られてもまあいいかくらいのノリで、重くならないように!

 

 

断られても、「ごめんね」なんて言っちゃあダメ。

明るい感じで、「じゃあ、次の機会にね!」とフォローして下さい。

 

 

その雰囲気をカレは覚えています。

 

 

落ち込んだ雰囲気さえ見せなければ、次に誘った時に、

「この前は断っちゃったから、今回は会ってみようかな」とカレが思う可能性が高まります。

 

 

一方、あなたが暗い雰囲気や今にも泣き出しそうな感じだったら、

カレは「断るのは可哀想だから、今後は誘われないように気をつけよう」と連絡の頻度を下げたり、

表面的な話しかしなくなったり、誘われるような雰囲気を意図的に避けるようになってしまいます。

 

 

カレが誘いに応じてくれるか否かではなく、こうした失敗行動を避けることに焦点をあて、

NGを避け続けることが復縁では重要です。

誘い方にもよりますが、誘いに断られることはNG行動ではありません。

その後のフォローの仕方が重要です。

 

 

 

追伸

 

カレに会ってから、復縁にもっていく方法を知りたい方は、

こちらのレビュー記事が参考になるかもしれません。

>>元カレと復縁する方法(浅海)のレビュー記事はこちら

復縁に至る男性心理を解説した特典をプレゼントしています。

 

 

元カレへの誕生日メールについてもっと知りたい、などご相談はお気軽に♪

問い合わせ

 

 

 


参考になったらクリックしてね

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
管理人:じゅんぼーについて

プロフィール画像

認定心理士

じゅんぼー

  大学生の頃から自信がなく、
「自分には何かが足りない・・・」
と、劣等感にさいなまれてきました。

「自分には生きている価値がない」と 自殺を考えたこともあります。

  「自分の心の問題を取り除きたい」
「幸せになりたい」という
心の叫びから、心理学の本を読み漁る日々。

33歳の時には、心理学を学ぶために大学に入学したりもしました。
続きを読む

復縁のアグノス 最近の投稿
復縁のコツをつぶやいています
復縁のアグノス 人気記事トップ10
復縁のアグノス コンテンツ一覧